リング

一生ものの結婚指輪|二人で素敵な指輪を見つけよう

2人で話し合ってから選ぶ

男の人と女の人

お店を訪ねる時間帯も意識

一般的に結婚指輪は婚約指輪よりも選び方が難しいと言われています。その理由は婚約指輪は女性の好みのみを重視して選びば良いですが、結婚指輪は2人でどういったものが良いか話し合って決める必要があるためです。結婚指輪を2人で決めるときには注意したいポイントとして、事前に2人で予算についてすり合わせておくことです。これを行っていないと、宝石店に下見に行った際に予算のことで揉めるケースがあるので要注意です。またお店に足を運ぶときには、時間帯についても気をつけたいポイントの1つです。人の指は1日を通してむくみやすい時間帯が存在します。夕方以降がその時間帯のため、指がむくんでも結婚指輪がきつく感じない夕方の試着が、一番最適な指輪が選びやすい時間帯です。

リングや宝石が持つ意味

歴史が古く、古代ローマ時代から取り交わされてきた結婚指輪は、その形や宝石などそれぞれの部位に様々な意味や役割が込められています。例えば結婚指輪のリングの丸い形状は、完全無欠のシンボルを意味しており、継ぎ目の存在しないリングは終わりのない永遠の象徴です。丸いリングを愛しあった2人が共に身に着けることで、永遠に絶えることのない終生の愛を誓い合うことを意味します。また最近の結婚指輪は装飾性を重視する傾向があり、婚約指輪みたいに豪奢の作りも増えています。かつての主流だったシンプルなプラチナや18kのリングだけでなく、宝石をあしらうケースもよく見られます。結婚指輪の宝石にもそれぞれ意味が込められています。例えばサファイヤならば「誠実」や「慈愛」という意味があり、一途な想いを貫くことを伝えるメッセージです。

ドレスの選び方を理解する

花嫁

体型が気になる方はそれをカバーしてくれるウェディングドレスを選ぶと良いです。二の腕の場合は隠すものではなく程よく隠せる7部袖がオススメとなっています。ウェディングドレスは会場の広さが重要になるので注意しましょう。

詳細

素材や購入費用

リング

婚約指輪の素材はダイヤモンドが使用されることが多いです。相場としては30万円程度になります。その費用を抑える方法に手作りのものを制作するという方法があります。世界に1つだけのものになります。他にも母親から譲り受けるという方法もあります。

詳細

オススメのリングをご紹介

男女

婚約指輪や結婚指輪として高い人気を誇るハワイアンジュエリーの中でも最もスタンダードなデザインはプリンセスデザインです。また、購入の際は材質や費用などを総合的に判断した上で、直接ショップに足を運んで選ぶことをオススメします。

詳細